日本で暮らす以上、耐震性の高い物件で暮らすことは何よりも重要です。

一戸建て購入成功!安心な不動産業者の探し方
一戸建て購入成功!安心な不動産業者の探し方

耐震性の問題

日本は地震大国として知られています。
このため、どの地域で暮らしていても、大きな地震に遭遇する可能性は極めて高いということを頭の中に入れておく必要があります。
そこで一戸建てを購入しようと思っているのであれば、建物や土地の耐震性が高いかどうかをチェックすることは忘れないようにしましょう。
耐震性で判断をする中で、以下のような項目があれば少しその物件は注意をした方がいいでしょう。
まずは一戸建ての建設されている土地についてです。
もし造成地の中でも比較的新しく、盛り土になっているところであれば注意が必要です。
また物件の中には、敷地内で盛り土と霧土のところがあるような物件もあります。
このような物件も耐震性というところでは疑問符が付きます。
また崖のそばのようなところやもともとは田畑で、それを埋め立てたところも耐震性にもろさを持っている可能性がありますので注意してください。
周辺が坂によって囲まれてきて、物件に向かって下っているような物件も注意すべきです。
また川や池、沼のような水路が近くにある物件も地震が起きたときに大きなダメージを受ける可能性が高くなります。
中には中古の一戸建てを購入しようと思っている人もいるでしょう。
その場合には、建物の耐震性に問題がないかどうかもチェックをする必要があります。
基礎や外壁、内壁などに大きなクラックの入っている個所がないかどうか確認をしましょう。
小さなクラックは、中古物件であれば多少はありますし、耐震性に影響を及ぼすものではありません。
しかしはっきりと目立つ大きなクラックは注意をした方がいいでしょう。
その他には、雨漏りの跡がみられるような物件も購入は控えるべきです。
また屋根に重たい瓦がついている場合、その重みで上が崩れる可能性もありますので注意しましょう。
吹き抜けの物件は魅力的かもしれませんが、耐震性というところでは疑問符がつくことも忘れないでください。
このような点で気になることがあれば、耐震診断をすることをお勧めします。

Copyright (C)2017一戸建て購入成功!安心な不動産業者の探し方.All rights reserved.